CLINIC BLOG

〜使っていますか?タフトブラシ〜


こんにちは🌞
北24条かやの歯科クリニックのどいです。

秋も深まり、定山渓の紅葉🍁もそろそろ見頃を迎えそうですね。
道内では気温が0℃になったり、初霜・初氷などといったニュースも聞くようになりましたね😅
秋は短くあっという間、そろそろ冬の訪れを感じさせますね。

さて、今回のお題は「タフトブラシ使っていますか?」とのことで、今まで少々堅苦しいお話が続きましたが💦…今回は歯の清掃用具であるタフトブラシ🪥について書かせて頂きたいと思います。

【🦷まず…タフトブラシとは?🦷】

通常の歯ブラシでは磨ききれない孤立歯、梃出(ていしゅつ)*¹歯、叢生(そうせい)*²部などを効果的に磨くための専用道具です。
通常の歯ブラシでは孤立歯を磨く際に歯ブラシの腹の部分が咬合面にぶつかり、奥面が磨きにくい。(ワン)タフトブラシは腹の部分の毛束をカットした形状となっているため、より深く差し込むことが可能となっています。また、細い毛束のために叢生部の引っ込んでいる部分に確実にフィットさせ、しっかりと磨くことができます。

*¹梃出:かみ合う歯がなかったり、隣の歯がなかったりする事が原因で、歯が本来あるべき場所から突出してしまったり、移動してしまう事をいう。

*²叢生:歯の大きさと顎の大きさの間に起こるアンバランスにより、歯が部分的に重なってしまう状態をいう。

【🦷タフトブラシの種類🦷】

ヘッドの形は、先端が円錐形になった「山型」と、平らな「平型」の2種類があります。 山型は先端が細いので、狭い隙間を磨きやすいタイプです。 平型は歯茎にフィットしやすいので、歯周ポケットの奥の汚れを取り除くのに適しています。

自分に合った種類が分からない場合、歯科医師・歯科衛生士に相談しましょう🙋

【🦷タフトブラシの使い方🦷】

①歯ブラシでみがいた後、みがき残しを鏡で確認したり、舌で触った感触がザラザラとしていないかなどをチェックします✅

  • 歯茎の境目 ⇒歯茎に沿うように毛先を動かします
  • 歯と歯の間 ⇒小刻みに毛先を振動させます
  • 歯並びがガタガタなところ ⇒毛先を上下に動かして磨きます

②タフトブラシは「ペングリップ」(鉛筆の持ち方)✍🏻で持つことをおすすめします。

③鏡🪞を見ながら、みがき残しが気になるところに毛先を当て、軽い力で小刻みに動かしてみがきましょう。

*歯肉を傷付けないよう、力の入れすぎや動かし方に気をつけましょう。

【🦷タフトブラシの取り扱い方法🦷】

①使用後のお手入れ

使用後は流水下でよく洗い、風通しの良い所で保管しましょう。

②取替え時期

タフトブラシの毛先が乱れてきたら交換しましょう。

以上、いかがでしたでしょうか?

タフトブラシは普通の歯ブラシでは毛先が届きにくいところの清掃に適しており、歯ブラシでみがいた後、タフトブラシでの清掃を追加することで、みがき残しやすい「歯と歯の間」や「歯と歯肉の境目」のプラーク(歯垢)を効率よく除去することができます✨

歯ブラシ+タフトブラシを使用した場合の人工歯垢(プラーク)の残存率の比較実験では、歯間部・歯と歯ぐきの境目ともに歯垢の残存率が減少したという実験結果があります🧪

歯ブラシにタフトブラシを効率的に使い、むし歯・歯周病予防をしていきましょう。

それでは今回はこのへんで〜👋

また次回、元気にお会いしましょう🙇

Reservation・Contact

ご予約・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL011-708-6480

【受付時間】
月~水・金~日曜日
10:00~13:00 14:30~19:00

  • 木曜・祝日は休診日となります。
  • 13:00から14:30までは、お昼休みのため自動応答メッセージになりますので、ご用件のある方は診療時間中にご連絡ください。
  • 最終診療受付時間は診療終了時間の30分前となっております。

インターネットでのご予約

初診の方は下記ボタンよりご予約を承っております。この機会にぜひご利用ください。

  • 初診の方のみ、上記ボタンより、24時間WEB予約を承っております。初診の方以外は、お手数ですが、お電話にてご予約ください。
このページの上部へ